カテゴリー別アーカイブ: 気まぐれブログ

神さまは、石に宿る。

2018/7/10

自然石や玉石などに宿る神霊に対する信仰。石神ともいう。原始土俗宗教の一種であり、世界各地にみられます。
石を神として尊信するわが国古来の風習は、その一部を海・水の霊威に託し、波濤の底から浜辺に打ち寄せる奇石を、威霊の呪力によると考えました。沖縄県では、大昔、大空を飛来し、風に乗って常世国から漂着した神の石や、土中・砂中から現れ出た石などを、それぞれ護国・厄除け・授福の神として、その霊力・呪力を信じ、祀り仕えています。井戸べりに祀られる石神はつねに異形の鍾乳石であり、家の神でもある火・雷の神は3個の石で象徴され、一列の状態か鼎足形に据えられています。

石神の霊力

『出雲国風土記』楯縫郡神名樋山には、石神と小石神が100余もあり、古老の伝えに「天御梶日女命、多久の村に来まして、多伎都比古命を産み給ひき。その時、教し詔り給はく、汝命の御社の向位は此処に坐むと欲すぞ宜き、と詔り給ひき。いはゆる石神はこれ多伎都比古の御魂なり。旱に当りて雨を乞ふ時は、かならず零らしめ給ふ」とある。『日本書紀』垂仁紀にも、任那の村で祀る神は白石で、美しい童女となり、うまい食事をつくる。日本に渡来して比売語曽社の祭神になったと伝えています。
神あってこの世に降る縁の石を、足跡石、休み石、降臨石、神向石、神像石などとよび崇めます。古歌に類歌の多い「渚に拾ふ玉」も、常世魂の成長につれて体内に宿り込む魂の象徴である小石・貝などをいう。正月などの若水汲みの際に、黒石・白石を川・海・井戸などから手桶の底に沈め迎えて、歳神の神体とし、これを出産時にウブタテ飯の頂や膳の上に迎える習俗があります。これは、産石、すなわち一つ一つの石に対する石生誕系統の信仰で、このほか各地に石成長・石分身系統の信仰も生じ、熊野・伊勢の信仰者が盛んに喧伝しました。人々は個々の形・色・紋様などから神秘を感得し、石を通して神をみ、石の中に霊力が宿ると信じました。
石の上に立って足踏みをし、「魂よばい」をする魂覓ぎ・魂招(たまお)ぎの呪術女神が玉依姫であるが、『出石物語』では、御祖神が、玉依姫の資格に取り扱われている。御祖神が伊豆志河の石を塩で和えて、竹皮に包んで呪うのは、霊魂とみなした石に呪いをかけると、目的の霊魂・肉体がその影響を受けると信じたのです。
たとえば、家の礎石をフセ石、ジブク石とよび、土台の下になるものを敷石、柱の下になるものを築石というが、これらに青石を用いないのは、青石には神秘力が期待されないせいである。また、屋根の重しにのせる石をオセイシ、ヤオモなどといい、神石の扱いをし、この石が落ちると不吉の兆しとするのは火事を忌むことに発し、その場合にはすぐに水をかけるか、女の腰巻にくるんで持って上がれば火の祟りがないという。この石の支えの横木が石持・ヤアラなどである。
長寿・豊饒・情愛の常世国からの霊魂の象徴とする白石を、オシロイ石・米石などと名づけて忌みます。白石を屋根石に用いると子が夜泣きすると伝え、赤石を拾って戻ると火事・雷・赤鬼・天狗などの災いにあい、母親の乳が腫れると戒める。こうした石は、通例、神の石であり、その清浄なるがゆえに忌まれました。

ニューギニアでは、石に宿る霊力をウァロポとよび、石が年を経るにしたがい、超人間的呪力をもつと信じられています。それに物質としての呪力ソイミが加わると、集団の平和・食糧・成功・健康などを自由になしうると云われます。村の首長が石を守り、儀礼を行い、香を捧げ、祓いをする。この石によって雨と子孫に恵まれ、動植物の繁殖がもたらされると云われています。

 

国際百科事典より多数引用しています。

「生きる」

2018/6/23

平和とは、あたり前に生きること。その命を精一杯輝かせて生きること。私は今を、生きていく。平和とは、あたり前に生きること。その命を精一杯輝かせて生きること。一日一日を大切に。平和を想って。平和を祈って。なぜなら、未来は、この瞬間の延長線上にあるからだ。つまり、未来は、今なのだ。

沖縄全戦没者追悼式で平和の詩「生きる」を朗読した沖縄県浦添市立港川中3年の相良倫子さん(14)

無心

2018/5/30

無心とは心が無い空虚状態ではありません。大自然のありのままの生き生きとした姿に“それ”はあります。人は、誰もが“それ”のど真ん中にオギャーと生まれてきたはずなのにいつしか、知恵とともに欲を持つようになり「ああなってくれ」「こうなるのが当然だ」と、煩悩妄想の世界で右往左往しています。
一山、一川、一樹、一草、一虫、一華、一つのいのちが大自然の中でありのままにいのちを輝かせているのを見てください。 煩悩妄想をすべて無くすことは出来ないけれど少しでもそういった余分なものから離れて、なたが貴方らしく精一杯生きること、それが「無心」でありましょう。
どんな現実に直面していようと、自分に与えられた場所でありのままの自分を輝かせることが大切なのではないでしょうか

十升観。

最強天珠巡り

2018/1/5

FullSizeRend天珠を探して全国巡りをしておられる方がご来店されました。

天珠を集めている方なんですが

「十升観には今まで見たことのない。天珠がたくさんありますね!」

と一つ一つ天珠を手に取り、気に入った天珠を購入されて帰られました。

意味合いで日により身に付けるものを変えているそうです。

新しく手に入れた天珠も大事にしていただけると嬉しいです。

たくさんの方とのご縁に感謝いたします。FullSizeRende

 

 

 

わんちゃんのお守り♪

2017/12/29

今日はわんちゃんのお守り♪チャームのメンテナンスがありました。

わんちゃんも一緒にご来店。

待ってる間も大人しく、

通りかかりの人達に写真を撮ってもらったり、よしよしされてました。

とってもお利口さんで可愛いわんちゃん♪

 

ペットは飼い主からすると、大切な家族です。

「いつも健康で元気にいられるように」との飼い主様からの願いで、

お守り作成のご依頼もあります。

チャンピィ君♪ 健康を願う【亀甲天珠】

チャンピィ君♪
健康を願う【亀甲天珠】

メンテナンス後、早速リードに付けてもらって、喜んでましたっ(‘∀`)♪

わんちゃんに癒される1日でした。

 

道に背き惑うことのないよう

2017/9/3

道に背き惑うことのないように、

心に宿る欲と執着を捨てましょう。

望むほどに己を縛ります。

捨てさるごとに煩悩は消えてゆきます。

縁を頼りに苦悩を乗り越えましょう。

縁無き想いは内に秘めましょう。

俗心を断てずに振り返るときには、

あなたの幸せをそっと祈りましょう。

空を悟れば心は解き放たれます。

真理を知れば新しい世界が開きます。

因果の行く末に思いを巡らせても、

生死の瞬間は誰にもわかりません。

憎しみを捨て無我を得ましょう。

恨みを捨て喜びを得ましょう。

欲にまみれて悪に手を染めた時には、

悔い改めればいつか救われます。

どんな偽りも天をだますことはできません、

ただ心の溝を深めるだけです。

人々が欺き合えば信じ合う術を失います。

猜疑心が己を苦しめます。

慈悲の心が永久の平安を生みます。

愛の力で万物は結ばれます。

この因縁に気付くべきなのに、

悟りを得て一切を受け入れなさい。

ただあなたの幸せを願いながら・・・     

                  十升観

中秋の月と木霊

2017/9/1

 

image

ここ阿喜島では、月明かりの中、獅子舞が始まります。
DSC00375 一年の間に受け取った厄災を払うため、三線や太鼓の音にあわせて獅子が踊ります。

森の中からたくさんの木霊が集まって来ます。神秘的な空気の中で、神事が行われてゆきます。

DSC00383獅子舞がやしろの中へ

やしろの中では、ノロが祝い踊りで迎えます。

なにやら白い靄のようなものが・・・

image

 

夏の終わり…

2017/8/31

夏も、もう終わります・・・
あんなに暑かった夏が終わると思うと、
少し寂しい気持ちになります…。

雨上がりのお散歩中に見つけた花一輪❃
タカサゴユリ❃花言葉は「飾らぬ美」です。
image
綺麗な花に心癒されました。
道端に咲く草花にもいつも気づけるような心でありたいです。

浄化用ロッククリスタルをチェックしましょう。

2017/8/5

お客様が、ご使用の浄化用天然水晶ロッククリスタルを見てほしいと、お持ちになられました。

1年半ほど、お家の浄化とブレスレットの浄化の為に使用していたロッククリスタル✨

ずいぶんダメージを受けていました。

とくに四神で南の方位に置いていたものが、真っ黒に〜‼️邪気を吸い込むとこんなことになるんですねぇ…お客様も驚いてました。

image

浄化用天然水晶ロッククリスタルは、ネガティブなエネルギーを強力に浄化します。

傷んでいる石を取り除くと、こんなにきれいになりました✨
image

取り除いた量を、新しく追加してご自宅に戻られました。

これでお家の空間を守るように四神に置き直して、一安心ですね。

image

「テラヘルツ」入荷しました。

2017/7/18

テラヘルツ新

新しいデザインのテラヘルツが入荷しました。

ティアドロップ型・マーキス型・6角形やハートなど

たくさん入荷しております。カッサやリング(指輪)など種類も豊富に取り揃えておりますので、是非店頭にてご覧ください。

電話でのご注文も受け賜ります。092-833-5377

テラヘルツpテラヘルツmテラヘルツk