オゴオゴからフルムーンまで

 

上海スモッグ

上海でスモッグの為、1日足止めされ、ようやくバリ島ングラ・ライ空港に着いたのは真夜中の1時過ぎ、昨日到着予定だったので、お迎え予定者の気合も冷めてしまい、当日はAGUNG一人だけのお迎え。AGUNG家は、バリの貴族で王家の血を継ぐものたちです。バリヒンドゥーでは、階級社会が今も色濃く残っています。今日からAGUNG家に、お世話になります。

154

 

翌朝あわただしくオゴオゴの準備が始まっています。街角のあちこちに完成間近のおそろしい像が並んでいます。日が落ちるとマンディーで身を清め、正装を身にまといいよいよ私も家族の一員としてオゴオゴに参加します。072086100

3月9日新月は、ニュピです。丸一日中外出禁止、おしゃべり禁止、音をたててはいけません。本当は、食事もとらないそうですが、一部の人を除いては、今は行われておりません。夜は、すべての照明は消えます。オフィス街も、レストランも、空港も、島の上は飛行禁止となります。

074

日の出とともにみんな起きだします。善と悪との戦いがあり、闇が訪れ、再び太陽の光がすべてを包み込みます。

生まれ変わりです

103

Tirta Sudemalaの滝

108

翌日新年のムルカット(浄化沐浴)に親族で向かいます。2時間ほど車を走らせ、山肌に車を止め、30分ほど下ると峡谷の川に注ぐ11本の滝と出会います、地図にも載っていないし、地元の方しかいません。特別な場所で滝に打たれて身を清めます。

朝目覚めると何やら騒がしい、聞くと長男の嫁に子供が生まれたらしい、そういえば昨日まで大きなおなかを抱えて掃除をしていたAYUがいない。さっそく病院へ直行!到着したけどとても清潔とは言えない病院だ、だいたい何科かわからない、いろんな人が病室に入ってくるし時には犬も入ってくる。サンダル履きの人は、サンダルのまま、はだしの人は、はだしのまま入室してくる。生まれたての赤ちゃんがそこにいるのに、大丈夫だろうか?151

翌日朝起きると赤ちゃんの泣き声が、AYUが帰ってきた~って早すぎやろ!バリの女性は美しく強いですね。

パパAGUNGが敷地の中心のタイルを割ってに穴を掘り始めました。60cmくらいの竪穴の底に何やら小さな瓶を入れています。‘へそのお‘です。竹の葉でやぐらを作り中にろうそくを灯します。穴には、母乳を注ぎますし産湯も注ぎます。赤ちゃんが泣くと、ろうそくの炎が揺れます。強く泣くと大きく揺れます。大地と赤ちゃんを繋いでいるそうです。152

せっかくバリに来たのでペレレナン・ビーチへ行きましょう。やっぱり海は,良い。好き。友人のNYOMANホテルのプールでひと泳ぎ&ビンタンビール・幸せ♡197

突然友人の父さんが亡くなったという悲報が入りました。DONKIは、仲間だから悲しいときは一緒にいないといけません。さっそく正装に着替えてDONKIの村へ、DONKIの家は、バリ島でも結構田舎にあり古い風習が残っています。50歳という若年で亡くなられたお父さんは、黒魔術のせいでは、と疑っている村人もいるそうです。棺から出された遺体を竹で組んだ台に乗せ、皆で身体を拭いてあげます。その後棺に戻され土葬にされます。1年後再度掘り出し火葬にします。217223

フルムーンが近いので、ヌサぺニダ(Nusa Penida)  島への巡礼に参加することにしました。正装に身を包み、高速艇で30分ロンボク島の隣にあるお寺ばっかりの島へ、寺院を巡りました。

256

スガラ寺院(Pura Segara)260

267タマン寺院(Pura Taman)ラトゥ・グデ寺院(Pur Ratu Gede)265266

プナタラン・アグン寺院(Pura Penataran Agung)

258

ギリ・プトゥリ洞窟寺院(Pura Goa Giri Putri)

278288

ヌサぺニダ(Nusa Penida)  島298296